2013年05月07日

知床横断道路開通状況2013


国道334号=知床横断道路=

知床峠

「開通の目途がたっておりません」


月初めに降り続いた雪により、
除雪作業は困難を極めております。


5月7日現在の峠の様子

起点(市街地交差点)から約10キロ

5月7日 (3)1.JPG
前回の吹き溜まりを除雪してできた
雪壁がそのまま残っています。


起点から約10.5キロ地点

5月7日 (4)1.JPG

4/30に除雪の最前線でしたが、
現在は道路が出ています。


起点から約12キロ地点

5月7日 (5)1.JPG

道が狭くなり、1車線になりました。


12キロ地点の峠側

5月7日 (6)1.JPG


峠まで約2キロの地点

5月7日 (10).JPG

山の上にできた「雪庇(せっぴ)」が
雪崩となって道路に滑り落ちてくるため
雪庇落としを行います。

雪庇.png

今回は、
4月下旬に積もった雪の層(水色)の上に
5月初旬に積もった雪の層(青)ができ

それぞれが溶け合っていないため
雪庇だけでなく この雪の層が
地すべりのような雪崩となり
道路を完全にふさいでいました。

5月7日 (10)1.JPG

この先峠までの2キロの間に
大きな雪庇が3か所あります。

雪の層が合体すると安定するので
除雪作業が進められますが、
今の状態で除雪を進めるのが大変危険な状況です。

国道334号知床横断道路の開通状況は、
観光協会HPのテロップで情報発信しています。

また、
北海道開発局の道路情報配信サービスをご利用いただくと便利です。

posted by 知床羅臼町観光協会事務局長 at 20:22| Comment(0) | 道路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。