2014年08月09日

知床岬赤岩地区昆布ツアー


知床岬先端部
かつては50軒以上の昆布番屋が立ち並び、
盆踊りが行われるほど賑やかでした。

42語り継ぎたい岬の昆布漁.jpg

水も電気もガスもない・・・

なぜ苦労してまでその地区に移り住んだのか?


羅臼町の遺産、昔の昆布漁を学ぶ内容の
モニターツアーを実施しています。

過去
21.jpg

現在
IMG_8957.JPG

現在、知床半島先端部地区利用の心得として、
レジャー目的での動力船での上陸は禁止されており、
この地に行くには、歩いて1泊2日以上の時間と体力が必要です。

かつての知床岬の姿をなんとかして伝えたい
そのような思いから、
適正利用エコツーリズム検討会議に提案し
実施を承認されて実施しています。


次回のモニターツアーは8/13〜14で実施します。

詳しくはコチラ
http://www.shiretoko-rausu-lincle.com/


posted by 知床羅臼町観光協会事務局長 at 18:43| Comment(0) | ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

新感覚 知床岬を間近にみるクルーズ


知床リピーターからよくいただく言葉
「知床岬を羅臼側から見たい」

知床半島の羅臼側は、潮の流れや海底が複雑で
天気も変わりやすいため、
船を持っているからといって
簡単に航海できる海ではありません。
だから、羅臼側から知床半島を見られるのは貴重なのです。

横断道路ができる前までは、
観光や生活路線として
羅臼の港とウトロの港を結ぶ船が出ていたんですよ。

瀬渡し会.jpg

網走で活躍している砕氷船「おーろら」も
昔は知床半島で活躍していたんです。

写真でしか見られないこの景色、
船で見に行きたいですね。。。

そんな期待に応えて、
「瀬渡し会」が岬へご案内しています。

波がなければ岬の突端まで見に行けます。

機動力抜群の瀬渡し船で岬方面へ

IMG_2500.JPG

岸のすぐそばまで近寄ることができて
海の中の昆布も見えますね


そろそろと瀬を出ようとしたら、通りがかった岩のそばに
オオセグロカモメがやってきました

IMG_2501.JPG

全く警戒せず…(・o・)

お言葉(?)に甘えてパチリ

IMG_2503.JPG

カモメと羅臼昆布と知床半島を
一枚に収められました(#^.^#)

このツアーは現役の漁師さんが企画しています。
昔は「ワイルドだべぇらうす」という冠を掲げて
バイクを乗り回したアニキです。
なので、ツアーの題名に「ワイルドだべぇ」と入っているんですねー

詳細はコチラをご覧ください。

このツアーの帰路、
天気が良ければ根室海峡の夕映えが見られます。

その美しさたるや・・・・

船に乗らないとみられません。

お問い合わせ・お申込みは
知床羅臼町観光協会 0153-87-3660
(平日9:00〜17:00)

posted by 知床羅臼町観光協会事務局長 at 07:00| Comment(2) | ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

知床半島縦走ツアーのご案内


今朝6時、羅臼岳の安全祈願式を
間欠泉前で無事執り行いました。

間欠泉のすぐ脇にあるのが、
ホテル峰の湯さんの山小屋。
その名も「山小屋峰」
__.JPG

峰の湯の専務さんがきれいに芝を刈ってくださったおかげで
今年は虫に刺されませんでした(#^.^#)

さぁいよいよ知床登山シーズンの幕開けです!

8月3日〜5日は
トレイルランナー石川弘樹さん が知床にやってきます!!


石川弘樹さんが講師となって知床半島を縦走するんです。

パタゴニア社とアウトドアスポーツ普及に取り組む(有)パワースポーツの共同企画。

ツアーの詳細はコチラ


ツアーに含まれる宿泊先は羅臼の
ホテル峰の湯さんです。

明日、説明会があるようですので、
興味がある方は、お問い合わせを
-問い合わせ先----------------------
(有)パワースポーツ
 〒248-0022 神奈川県鎌倉市常盤628-3
 TEL:0467-84-8639 FAX:0467-84-8640 
----------------------------------

〜〜羅臼の専門ガイドさんと登るなら〜〜
知床倶楽部ガイド
知床ファクトリー
NPOしれとこラ・ウシ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。