2014年10月19日

歴史的発見


それは昭和57年のことでした

松法漁港近くの国道335号線
改修工事の際に発見されました

15軒の住居跡
そのうち3軒が火災に遭っていたようでした

家屋から出てきた木製品の数々

その代表的なのがこれです。

「熊頭注口木製槽(くまがしらちゅうこうもくせいそう)」
郷土資料館  注口木製槽.JPG

1999年から米国の
スミソニアン研究所国立自然史博物館で展示されていました。

1000年以上前のオホーツク文化のもので
木製品の出土は、国内外で初めてでした。

熊の頭の形をした器で、
さかさまにするとシャチの背びれの彫刻がされています。

詳しくは過去の記事をどうぞ
http://shiretoko-rausu.seesaa.net/article/243288861.html


実物は今、羅臼町郷土資料館に展示されています。
他にもたくさんの貴重な出土品が展示されております。

お天気が悪くても(良いときも)インドアで
古代の知床に触れてみてください

レプリカは羅臼ビジターセンターで展示中(10/31まで)
郷土資料館 (8) 松法川出土展.JPG

オススメルートは、
羅臼ビジターセンター→羅臼町郷土資料館 です。


羅臼ビジターセンター
【電話】0153-87-2828
【開館】火〜日 9:00〜17:00
(月曜休館)

羅臼町郷土資料館
【電話】0153-88-3850
【開館】月〜金 10:00〜17:00
(土日休館)


posted by 知床羅臼町観光協会事務局長 at 18:00| Comment(0) | 見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

羅臼の冬はアクセス良好


もうすぐやってくる、大好きな冬。

冬の知床羅臼 (4).JPG

流氷と空と海が刻一刻とかわっていく

見とれるほど美しい羅臼の季節

冬の知床羅臼 (3).JPG


冬、羅臼は陸路で行けない
と思われている方も少なくないのですが、

実は、羽田空港から4時間以内で来られます。
実は、伊豆より近いんです^^

そのワケは、
空港直行バスが走っているからです♪
ひがし北海道エクスプレスバス2015

今年も
中標津空港・羅臼・ウトロ・斜里(しゃり)間の
運行が決まりました(^o^)ヤッター!


このバスのおかげで、
冬の羅臼には、安全で夏より手軽に来られるんです。


こんな景色

冬の知床羅臼 (1).JPG

待ってます

国後展望塔から冬.jpg





posted by 知床羅臼町観光協会事務局長 at 19:25| Comment(2) | 見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

知床羅臼紅葉情報


今年の知床峠の紅葉は、

夏に長雨にも台風もなく
秋になってグッと冷えて

珍しく美しい紅葉が見られているんです。

羅臼の町からでも楽しめます
熊越え橋.JPG
熊越え橋

知床峠下2キロ.JPG
峠下約3キロ

羅臼湖入口10.12.JPG

羅臼湖入口付近


ぜひ この紅葉をお見逃しなく!

って書くつもりでいたのですが、

金曜の晩に台風並みの低気圧が直撃したため
「すっかりまる裸になってたよ」と

峠を越えてきたお客様に教えていただきました ガーン(/_;)


とはいえ、晩秋の知床も良いものです


羅臼の町に虹がかかっていましたよ(2本も!)

羅臼町に虹.JPG

ほんものニュース「知床ダイビング企画」のブログを
読むと、山から海に虹がかかっていたみたいです。

見る場所が違うと違って見えるんですね(*^_^*)

違う場所でも同じ虹を見ていたかと思うと
なんだかステキです

海日記


posted by 知床羅臼町観光協会事務局長 at 17:36| Comment(0) | 見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。